英会話

学校のプラスアルファ

男性

学校では足りない勉強時間を、予備校や塾に通うことで補うことができます。ただし、対面授業の予備校は全国各地にあるわけではないので、映像授業の予備校も検討するのが良いと思われます。

Read More

集団授業形式の塾

先生

集団授業を行う形式の塾は、昔ながらのノウハウの蓄積と優秀な講師によって運営されています。学校の授業や独学では足りない勉強時間を塾で補填することは受験生にとって重要となっています。

Read More

生徒個人に合わせる

学生

集団形式の授業を行う塾とは、正反対の1対1を基本としたした授業形式の塾について、その特徴とメリット、デメリットを記載しました。塾選択の助けに参考にしてみて下さい。

Read More

苦手のままにしない

予備校で英語を学ぼうとしても、スクールによってカリキュラムなどが変わってきます。そのため、スクールの情報を知りましょう。

英語は重要

学生

大学受験をする際、最も重要になる科目は英語になります。国立、私立、文系、理系問わず、試験の種類が多くなったとしても、英語はそのほとんどの試験に含まれているからです。
受験生の多くの人は、英語を本格的に勉強するのは中学に入ってからではないでしょうか。そのため、大学受験までの勉強期間は基本的に6年間となります。
また、小学校の頃から勉強をしている国語、数学、理科、社会とは、勉強方法が同じで良いのか、今一度、考える必要があります。
英語の特徴として、英語は日本語と文法が異なるということが挙げられます。そのため、得意不得意の大きな差がつく科目でもありますし、得意科目にしてしまえば、受験生にとって大きな武器になる科目でもあります。
英語を得意な科目にするためには、中学や高校の授業だけでは勉強時間が足りないことが多いです。
そのような場合には、予備校や塾の利用を考えてみては如何でしょうか?
予備校と塾のどちらを選ぶかは、各家庭の教育に掛けられる費用の金額や、予備校や塾までの移動時間、どのような先生がいるのか、どのような学校に合格しているのか(過去の実績)などを考慮して選ぶのが
良いと思います。また、授業方法についても2つのパターンがあります。1つは実際に生徒の前で授業をする方式。もう一つは、テレビを通しての授業で、そのほとんどが録画の授業になっています。